FC2ブログ
■JFLの松本山雅所属 元日本代表DF松田直樹選手(34歳)4日の午後1時過ぎに死去。
■JFLの松本山雅所属 元日本代表DF松田直樹選手(34歳)4日の午後1時過ぎに死去。



2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れたJFLの松本山雅に所属する元日本代表DF松田直樹選手(34歳)が、
4日の午後1時過ぎに死去。

各選手から悲しみのコメントが届いている。

 2002年の日韓ワールドカップや各年代の代表チームでともにプレーした神戸DFの宮本恒靖は、
同い年の松田選手に対し「とても悲しく、寂しい思いでいっぱいです。


同じ時代をプレーしたマツ。



対戦相手として、時にはチームメイトとして大いに刺激を受けてきました。

日韓ワールドカップのロシア戦で勝利した時、マツと抱き合って喜んだことは忘れられません。
ずっと走り続けてきた分、今は安らかに眠ってほしいと思います。

「マツ、おつかれさん」とお別れのコメント。

 また、同じく神戸でプレーするFW吉田孝行は、以前在籍していた横浜FMで松田選手とともにプレーしており、
「未だに信じられません。明日にでも電話がかかってくるのではないかと思うくらい、信じられません。
もし、お互い生まれ変わるとしても、また同じ誕生日に生まれ、また一番の親友になり、また一緒にサッカーしよう。
直樹のサッカーに対する情熱は忘れません。心からご冥福をお祈り申し上げます」という言葉を送っている。

 レスターでプレーする日本代表DFの阿部勇樹も、ブログ上で松田選手との思い出をつづっており、
「慣れてなく、戸惑っている自分に声をかけてくれた松さん。合宿中、僕のことを勇樹と呼んでくれた松さん。
Jリーグで対戦する度に、熱い気持ちをプレーに出していた松さん。最終ラインからリスクをおかして、点をとりにきたプレー。忘れられない!!
松さんと同じように、サッカーを愛する気持ちをもって、プレーしていきたい」

と、熱い意志を引き継いでいく決意を示している。

私自身もこの件に関しては非常に残念でならないです。

サッカー馬鹿だった松田選手。

あえて、松本山雅を選び、再び這い上がろうとしていた矢先ですしね。

マリノスでもサッカーのことしか言えないサッカー馬鹿。





こんなにサッカーだけを愛していた男に
神様は最後に乗り越えれない試練を与えてしまった。


天国でも、サッカーができる場所を探し続けているんでしょうか。

プレースタイルがファンだったというより、その心意気が好きでした。


最後になりましたが、松田選手、心よりご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
[2011/08/04 19:18 ] | スポーツ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<■天然石の通販ショップ 4976堂(よくなるどう)オニキス特集 | ホーム | 松田直樹選手「あー!だりぃー!」3キロのランニング後に突然倒れた… >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |