■円高の今がチャンス!海外転送サービスmalltail(モールテール)で安心、安全、簡単に海外通販、個人輸入!
■円高の今がチャンスです!
海外転送サービスmalltail(モールテール)で
安心、安全、簡単に海外通販、個人輸入が可能です!

1ドル80円代になったとはいえ、まだまだ円高が続いていますよね。

円高ってなんだかイメージが悪い方も多いみたいですが、実は
そうでもないこともあるんですよ。

その円高メリットを享受できるのが、ズバリ! 海外でのお買い物。

といっても、海外旅行で現地に行くのはちょっと厳しいですよね。

海外旅行も安くなっているので、行けるならそれが一番なのかもしれませんが。笑

まあ、行けないって人には、ネット通販を利用した個人輸入がおススメ!!

皆さんがおなじみの アマゾンの米国サイト amazon.comを見るだけでも
日本と同じ商品がすごく安い価格で販売されていたり、日本未発売の商品が買えたりするの、
見たことないでしょうか。

(例) : ダイソンの掃除機 (日本)53,000円⇒(米国)32,000円/399ドル
      パタゴニアのダウンジャケット (日本)3万円前後⇒(米国)15,000円/179ドル など

Us amazonなんかと比較すると、
どれだけ金額が違うかはわかってもらえると思います。

でもいざ「個人輸入」?と聞くと ちょっと難しそう・・・とか
ちゃんと届くの?といった不安もあるかと思います。

たしかにそういったこともあるようですね。

ですから、信頼した通販サイトを通す必要があるわけです。 


そこでお勧めなのが、「malltail(モールテール)」の海外転送サービス。

これをを利用すれば海外通販個人輸入がぐっと身近になるんですよ♪


≪malltailのセカンドアドレス&転送サービスを利用する7つのメリット≫


(1)買物の選択肢が広がる!
海外住所を利用することで、日本への発送対応してないショップでも自由に買い物が可能。 

(2)現地価格で購入可能!
購入代行サービスとは違うので、malltailに払うのは「配送サービス料のみ」
(商品代金の●%なんて余計な費用はかかりません!)

(3)無料!
ロスとソウルの住所使用、カード決済手数料、検品手数料、保管手数料(決済から2週間まで)がすべて無料!

(4)安全、安心!
海外現地に到着した商品は発送前にすべて検品で安心!(破損、商品違い、欠品など)
米国→日本の送料には$1000までの配送保険も含まれてます!

(5)早くて安い!
法人契約で最速航空便の海外送料が安い! (郵便局のEMSよりも安いから海外の友人に頼むより安い送料)
米国→日本は出荷から翌日には成田に到着して首都圏なら最短2日で到着(通関状況により前後します)

(6)オトクな「まとめ梱包」!
 複数ショップで購入したお荷物を1つにまとめ発送することでさらに送料がお得に!

(7)安心の日本語でサポート!
カスタマーサポートはすべて日本で行うので、電話でのサポートも可能!
面倒な通関手続きも不要です。(許認可が必要な特殊な商品は除く)

詳細はこちら
 ⇒http://www.malltail.jp/

海外→日本 転送サービスについて
 ⇒http://malltail.jp/promo/lp4/



見ていただいてわかるように、かなり簡単に個人で商品を取り扱えそうだと思いませんか。

実際利用してみるとわかるんですが、ホント手続きが簡単なんですよ^^

それから、費用が少なくて済むのもいいところです☆

実際別ルートでやってもらうとわかりますが、結構費用がかかってしまうんです。

振込みでも海外の銀行になりますし、カード決済をしても手数料がかかります。

それに検品手数料、保管手数料などの経費を考えると個人ではとうてい赤字になるんですよ。

だから今まで誰も輸入しなかったんでしょうが^^;

それが無料になっているから、「malltail(モールテール)」の海外転送サービスがお勧めなんです。


ぜひ、一度サイトを見てくださいね^^

こんなものまで個人輸入できるんだ、と思ってしまうかもしれませんよ^^w

個人輸入


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
レビューブログからの紹介です。
スポンサーサイト
[2012/03/16 18:34 ] | お勧め紹介記事♪ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<■海外でインターネット。ケータイ会社の国際ローミング以外にも安くて便利な方法があるって知ってますか? | ホーム | ■【ウルトラマンサーガ】×Kenkoタイアップキャンペーン 2012年5月21日金環日食を見よう!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad